生理痛緩和、生理症状、治療 対策

生理痛いはいろいろなことがあります。

 

その中でも

 

生理でないのに生理痛があります。

 

生理の前に傷みを持つ人もいます。

 

これも生理痛と考えてしまう人もいます。

 

 

 

考えられるのが

 

 

生理前なら、PMS(月経前症候群)のこともありますね。

 

生理の前にいろいろな症状を訴える人がたくさんいます。

 

これもホルモンの関係があります。

 

異常でなくやはり治療をしておくことがいいでしょう。

 

 

下腹部痛や腰痛も、ありますよね。

 

 

生理の10日くらい前から腹痛が始まる人もいます。

 

さらに全身が痛い人もいるでしょう。

 

こんな人は、生理が終われば次第に痛みも消えるでしょう。

 

 

生理痛はせいりと関係している人が普通ですが、時間が

 

ずれてしまう人はホルモンからみが多く体のバランスが

 

狂っている状態でしょう。

 

生理の症状はいろいろなパターンがありますから、考え

 

すぎないで、まず長く続くなら医師に相談してみましょう。

 

健康はチャンスを逃すと手遅れということもありますから

 

なかなかよくならないときは検査をしておきましょう。

 

 

 

 

 

子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫、子宮腺筋症
悩んでいるのなら

 

 

生理前のトラブル解消に
イライラ、抑うつ、眠気がひどい…生理前でも普段の私で

 

特に冷えは生理痛に特に関係しています。これもホルモンの量が冷えにとくに

 

関係しているためです。温かい環境を作ることが一番