カロナールと生理痛、生理痛、緩和、生理不順、治療 対策

生理痛を治療する。

 

生理痛で医師が処方する薬に

 

カロナール

 

という薬があります。

 

ひれもよく使う薬ですね。

 

医師が簡単に処方する薬ですから、ご存知の方も

 

おられるでしょう。

 

 

----薬の効果-------

 

作用のおだやかな解熱鎮痛薬です。皮膚の血管を広げて熱を

 

放散させる作用、また、痛みの感受性を低下させる作用があ

 

ります。ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因その

 

ものを治すことはできません。

 

発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く用いられてい

 

ます。坐薬は、子供や赤ちゃんの解熱によく使われています。

 

炎症(腫れ)をとる作用は弱いので、リウマチなど強い炎症を

 

伴う病気には向きません。

 

-----------

 

副作用の少ない安全性の高いお薬です。アレルギーを

 

起こすことも少なく、重い副作用はほとんどありません。

 

ただし、必要以上に飲みすぎると、腹痛や下痢を起こ

 

したり、肝臓の調子が悪くなることがあります

 

-------------

 

 

 

このように書かれています。

 

当然いろいろな痛み止めに利用しています。

 

医師はこの薬が好きなのです。

 

安心して使える薬です。

 

しかし

 

薬で治療をする生活はやはりやめることがいい

 

でしょう。

 

時々使用して原因を解消して対策をしたい

 

ものです。