生理痛、生理不順、治療 対策

月経前期症候群PMSは改善できる


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月経前症候群も大切な病気です。その点についても

 

 

 

 

生理の前にとてもつらい時期があります。排卵の後から始まり、

 

生理開始日2〜3日前または一週間程度前から強く現れて

 

不安定な時期にトラブル状態です。そして生理が始まると

 

自然と治まるのが普通です。

 

 

 

月経前症候群の症状は人によっていろいろな症状がでるので

 

、精神的な症状が特に関係してきます。その他の症状も

 

当然併発しています。

 

 

 

 

体の症状として

めまい、頭痛、疲労、
腹痛、腰痛、胸の張り、
便秘、腹部膨張感、食欲の増加
悪心、嘔吐、のぼせ、関節痛、
体重の増加

 

 

にきび、吹き出物、肌荒れ
皮膚のトラブル

 

 

 

精神的な症状としては、

 

 


落ち込み、喪失感、錯乱
イライラ、怒り、興奮
落ち着きがない

 

 

このようなトラブル、症状がでてきます。この悩みもなかな

 

か解消できなく悩んでいる人も多いです。

 

 

 

 

 

症状は、生理痛と関係がある傾向があり、比例している

 

ようでもあります。毎月症状がつらい人もいれば、ほとんど

 

感じないほど軽い人もいます。

 

ほとんどの人は個人差はありますが、どうしても避けられな

 

い傾向もあります。

 

 

自分で感じていなくてもほかの方から見てみると気分が高潮

 

していたり、落ち込んでいたりして、周りの人に言われたり

 

もすることがあります。

 

 

 

■この月経前症候群も当然ホルモンの関係がありますから、

 

早いうちから治療、対策が必要になります。月経前症候群

 

というといやな目で見る人もいますが、自分でも少しずつ解

 

消できることがあります。

 

 

 

月経前症候群というと感情的になってしまう傾向がありま

 

すが、周りの人の理解も必要になり、家族の方も理解してもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

■対策

 

 

 

私もこの相談は女性なら多いほうで、漢方薬をお勧めしたり

 

します。飲んでみて以外に短期間で効果がでる傾向にありま

 

す。別の病気がないとしてです。月経前症候群は若くてもな

 

る傾向があり、ストレス社会ということでますます増えていくよ

 

うな傾向があります。

 

 

漢方薬でいらいらを取る 気剤というのを使って気の流れを

 

よくしてリラックスさせる効果を期待して飲んでいただきます。

 

サイコ

 

などという生薬が効果がありそうです。女性はどうしても感情

 

が敏感に作用しますから、普段から怒ったりしないよう習慣

 

をみにつけたいものです。

 

 

 

 

なかなか良くならない時は、当然病院での治療と併用して

 

針治療をしたり試してください。