生理痛、生理不順、治療 対策

子宮内膜症の原因は、はっきりと解明されていません。

 

その説には、月経血が子宮内膜の組織を含んで卵管を

 

通るため、卵巣などの臓器に子宮内膜症が移植されて

 

しまう説(至急内膜移植説)

 

卵巣の皮膜や子宮や卵管などの腹膜は、同じ組織で

 

できているため、これらが何らかの理由で子宮内膜に化

 

けてしまう(体腔上皮化生説)

 

などといわれているようです。

 

 

 

 

 

■症状は

 

子宮内膜症は、子宮内膜がいろいろなところにできてし

 

まいます。毎月の生理で炎症を起こし、その場所で癒

 

着を起こしたりして、激しい生理痛や下腹部の痛み、

 

腰痛、吐き気、排便痛、排卵痛、などがあり注意が

 

いれます。

 

 

特に生理痛がひどく痛みが強いときに検査をしたときに

 

分かることが増えています。

 

あまり強いときは検査をしておくことが大切になります。

 

 

早い時期の治療が良い経過をしています。